Newsお知らせ

<導入事例>「残業減、離職率減になりました」

2021.6.15

今回は弊社長尺加工機をご導入いただいたことで「残業減、離職率減になった」という事例をご紹介します。

詳細はこちらからご覧ください。
↓↓↓
https://fujisangyo-lp2.site/case6/

ーーー

■ユーザー様
「商用車の架台、車体ボックス製造会社様」

■お悩み
「作業面積の確保困難、老朽化、重労働かつ残業の常態化を改善したい」

工場内は、切断部門・加工部門・部品付け部門の3部門が工場面積の半数以上を占めており、かつそれらの設備の老朽化が進み、社内連携にも問題が多発している状況でした。
多種一品目の重量材加工がメインのため、非常に重労働であることはもとより、定時帰宅も困難な工場でした。
毎月の社員の募集と退社が常態化し、人員不足と作業効率の悪さが課題でした。

■ご提案
「3部問の工程を1台で完結できる機種のご提案3部問の工程を1台で完結できる機種のご提案」

「FB-10000-8ATC-C 」をご提案しました。※ちなみにこちらは弊社の特許取得機です。
最新鋭機なので、こちらの機械であれば前述の3部門の工程が1台で可能です。
しかし、今回は特殊なワークかつ、3部門の工程を1台で対応できるような仕様する、10m超の長尺物など、多くの課題があり気がつけば3年の月日が流れていました。何度も壁にぶつかりましたが、お客様が諦めずに我々に付き合ってくださり、何とか最新鋭機を完成することができました。

↓↓↓↓↓

■効果
「加工スペース1/3、作業者は1/2、作業効率は2倍、離職率の低減」

加工スペースが1/3になり、加工作業者は今までの半数になり、今まで加工に従事していた作業者は組立部門に移動し、そのため作業効率が2倍以上になりました。
また加工効率が上がったことはもちろんですが、何より我々が嬉しく思ったのは、職場環境改善に役立った、離職率低減につながったということでした。

今までは定時帰宅など不可能だった職場が、残業の軽減が進み、週内に定時帰宅日を設けられるようになり、それが離職率の低減につながったとのことでした。
当初ゼロであった女性作業員も今では増えてきています。

 

 

加工機のことなら、フジ産業までお気軽に
ご相談ください!

専用フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お問い合わせ